サービス名
Simple Weather
URL
https://simple-weather-news.herokuapp.com/
ソース
https://github.com/kohei-web/simple_weather
制作期間
2日
フロントエンド
HTML, CSS(SASS), JS(jQuery)
バックエンド
OpenWeather API, 国土地理院 API, Ruby 2.6.5 (Rails 5.2.4)
サーバー
Heroku
概要
現在地の天気予報を表示するアプリケーション
機能
  • 現在地座標取得
  • 現在地名取得、表示(国土地理院 API)
  • 天気情報を取得、表示(OpenWeather API)
制作経緯
周辺の天気を確認したい、シンプルな操作で表示したい
という想いから制作に至った。
苦戦ポイント
  • 現在地の座標に対して”OpenWeather API”では日本の地名がうまく取得できなかった
    → “国土地理院 API”と組み合わせることで正確な地名を取得できた
こだわり
  • APIでのデータ取得をフロントエンドと切り分けることで、表示をスムーズにした
  • シンプルな表示を目指したので、項目を最小限にサイズを大きく表示した
キャプチャ キャプチャ キャプチャ